BYODポリシー策定のベストプラクティス ∣ ホワイトペーパー

BYOD(Bring Your Own Device)実践ガイド

BYODポリシー策定のベストプラクティス ∣ ホワイトペーパー


BYOD(Bring-Your-Own-Device)とは、使用頻度に関わらず、個人所有の私物デバイスを業務で利用できるようにする制度全般を指す言葉です。柔軟性、機動性、生産性向上のため、企業が支給する端末に加えて、スマートフォン、タブレット、ノートPC、ホームPCのような個人所有の私物デバイスの利用を、必要に応じて容認している企業が多数存在します。

私物デバイスを利用したい従業員の要望に合わせ、特定の従業員に対しては、企業支給デバイスの全面的な撤廃に踏み切っている企業もあります。私物デバイスの購入費用が助成されるケースさえあります。また、業務委託先についても、委託元が支給する端末を使う代わりに、自らのデバイスを使うよう求められるケースが増えてきています。できれば、BYODに関する自社の方針を公式なポリシーとして詳しく定めるべきですが、その実現は容易でありません。

BYODポリシーは、個人所有のデバイスの業務利用を受け入れ、業務で利用するデバイスの選択の自由を従業員に与えると同時に、容易な管理、セキュリティの維持、コスト削減にも対応する必要があります。

この文書では、総合的なBYODポリシーを策定するための指針を解説します。

  •